NEWS

お知らせ

求人

採用情報

募集要項 ①看護師
②送迎運転手
③ケースワーカー
④心理士
勤務時間 8:30~17:00
勤務場所 まえはら心療内科
心療内科・精神科・内科・外来診療及び精神科デイケア
業務内容

①看護師
外来診療及びデイケア内処置
デイケア内、食事配膳及び補助、デイケア活動プログラムの補助

②送迎運転手
送迎業務(ハイエース運転あり)
A 7:00~10:00(3時間)
B 14:30~5:30(3時間)
*A、Bどちらも可能な方、大歓迎!

③ケースワーカー
外来及びデイケア内、ケースワーク業務及び送迎

④心理士
外来及びデイケア内、カウンセリング業務

求人に関する情報

①看護師
※職務経歴書の確認があります。
※パートは時給換算。勤務日、時間応相談。

②送迎運転手
※短時間勤務者チャンスです。
※定年退職者、運転経歴長い方!

③ケースワーカー
※パート可能
※精神保健福祉士

④心理士
※時給換算、パート可能

職員募集に関しての注意事項 募集は随時掲載しています。
お電話を頂いても面接が出来ない場合があります。
当クリニックとしても、職員、特に資格保有者の確保は事業継続には欠かせません。
募集者からお電話を頂いてお話を聞かせてもらえれば幸いです。
お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先 担当:伊藤
*当院への営業や商品紹介などのメールはお断りしております。
また、電話での営業、商品案内もお断りします。

若年性認知症とは?

若年性認知症

認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」とされます。
若年性認知症は働き盛りの世代ですから、ご本人だけでなく、ご家族の生活への影響が大きいにもかかわらず、その実態は明らかでなく、支援も十分ではありません。
ご本人や配偶者が現役世代であり、病気のために仕事に支障がでたり、仕事をやめることになって経済的に困難な状況になってしまいます。また、子どもが成人していない場合には親の病気が与える心理的影響が大きく、教育、就職、結婚などの人生設計が変わることになりかねません。さらにご本人や配偶者の親の介護が重なることもあり、介護の負担が大きくなります。
このように若年性認知症は社会的にも大きな問題ですが、企業や医療・介護の現場でもまだ認識が不足している現状です。

社会資源の活用

沖縄県立総合教育センター 特別支援教育班ホームページ

http://tokusi.edu-c.open.ed.jp/post-2.html


教育相談について
当センターの特別支援教育班及び、県内の特別支援学校では、障害のあるあるいは発達の気にかかるお子さんについての養育、教育に関する相談を行っています。相談は無料です。
また、相談内容につきましては、秘密を厳守いたします。 詳細につきましては、下のメニューから、それぞれの内容をご確認ください。


♦「総合教育センター 特別支援教育班」 による教育相談 
 手続き等に関してはこちら


♦特別支援学校による教育相談:県内のすべての特別支援学校で、相談窓口を設けております。
 詳しくはこちら




日本司法センター 法テラス ホームページ

http://www.houterasu.or.jp/index.html


法テラスとは
「借金」「離婚」・・・さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、「だれに相談すればいいの?」、「どんな解決方法があるの?」と、わからないことも多いはず。こうした問題解決への「道案内」をするのが「法テラス」の役目です。
全国の相談窓口が一つになっていないために情報にたどりつけない、経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができない、といったいろいろな問題があり、これまでの司法は使い勝手がよいとは言えないものでした。そ うした背景の中、国民のみなさまがどこでも法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしようという構想のもと、始まった、公的な法人です。
お問い合わせの内容に合わせて、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を法テラス・サポートダイヤルや全国の法テラス地方事務所にて、無料でご案内しています(情報提供業務)。
また、経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、無料法律相談や必要に応じて弁護士・司法書士費用などの立替えを行っています(民事法律扶助業務)。
このほか、犯罪の被害にあわれた方などへの支援(犯罪被害者支援業務)等、総合法律支援法に定められた5つの業務を中心に、公益性の高いサービスを行っています(ほかに司法過疎対策業務、国選弁護等関連業務があります)。




沖縄県発達障がい者支援センター がじゅま~る ホームページ

http://www.okinawa-gajyumaru.jp/about


事業案内
【対象者】沖縄県内にお住まいの発達障がいならびにその可能性のある方やそのご家族、 それに関わる方々です。対象となる方の年齢は問いません。
ご本人やご家族の方を応援します!

センターでは、ご本人やご家族の方に対して直接的な支援を全て担うのではなく、より身近な地域で細やかな支援が受けられるよう、コーディネートや情報提供をしていくことが大切だと考えています。

【利用方法】 まずはお電話にてお問い合わせ下さい。※ 来所相談は完全予約制です。
(注)原則、メール・FAXによる継続的な相談はお受けしておりませんのでご了承ください。また、来所が困難な場合はご相談下さい。

【 利用に際してのお願い 】
センターは、日常的に支援してくださる方をサポートすることで、ご本人やご家族の生活を支えていくことを基本スタンスに考えております。 可能な限り、身近にいる支援者の方にご相談の上でお問合せ下さい。
* 支援者の方へ : 今後の連携のためにも、当センターを紹介される際は、支援者の方より事前にご連絡をお願いします。

沖縄県発達障がい者支援センター がじゅま~る
〒904-2173 沖縄県沖縄市比屋根5丁目2番17号 (沖縄中部療育医療センター内に併設)
E-mail : gajyumaru@shoni.or.jp TEL : (098)982-2113 FAX : (098)982-2114




公益社団法人沖縄県精神保健福祉会連合会のホームページ

http://www.okifukuren.org/


家族会は、身内に精神的困難を抱える当事者を持つ家族の集まりです。
なかなか周囲には話しづらい悩みを家族同士で語り合い、互いに学び、励ましあう場です。
心の病には「遺伝・治らない・怖い」といった誤解や偏見があります。
そのような偏ったイメージを、もっとも身近な家族自身が取り払うためにも、病気や障がいに対する正しい知識、認識がたいへん重要です。
そのための勉強会をもったり、福祉制度を学ぶことなども家族会の活動の一環です。
現在、沖縄県内の家族会は14箇所あり、今後も各市町村に設置できるよう働きかけています。




沖縄県社会福祉士会のホームページ

http://www.ocsw.or.jp/

相談事
沖縄県社会福祉士会では、社会福祉士による電話相談事業を行っています。些細なことでも結構ですので、どうぞご利用ください。

<たとえばこんな相談>
・認知症の家族の年金や貯蓄の管理を今後どうしたらよいか。
・福祉サービスの内容について、どこへ意見を述べたらよいか。
・どこにたずねたらよいかわからない。

受付日時:月・火・木・金曜日 10:00~16:00

※都合により、時間を変更することがございます。
※ご相談内容によっては、ご返答までに日数を必要とする場合がございます。




公益社団法人 日本社会福祉士会 《権利擁護センター ぱあとなあ》

http://www.jacsw.or.jp/12_seinenkoken/index.html

新しい「成年後見制度」
成年後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などにより、判断能力が不十分な方々が、悪徳商法の被害にあったり、
相続、売買などの法律問題にであったりしたとき、不利益をこうむらないように保護し、支援する制度です。
また、財産管理にとどまらず、その人が自分の望む生活を実現し、生活し続けるために援助することを目的としています。
みなさまやご家族、お知り合いの方で、生活や財産管理に何かご心配があれば、お気軽にご相談ください。
まずは、一度お電話をください。

公益社団法人 日本社会福祉士会
権利擁護センター ぱあとなあ
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-13 カタオカビル2階
TEL:03-3355-6546 FAX:03-3355-6543




一般社団法人 相続診断協会 ホームページ

http://souzokushindan.com/index.html


「相続」と聞いて、一番に思い浮かぶ事は何でしょうか?
お金持ちの相続税って大変そう・・・でも、うちはそんなに財産があるわけじゃないから大丈夫。」と、思っていませんか?

しかし現在は、相続税法が改正され、相続税の基礎控除が次のとおりに縮小されました。
5,000万円+法定相続人の数×1,000万円 → 3,000万円+法定相続人の数×600万円(40%縮小)
この改正により、課税割合が、8人から10人程度に増える見込みです。 相続税は100人に10人の問題だとしても、「相続」は100人に100人が直面する問題なのです。実際のご相談として、200万円の現金の分け方で揉めている家族がいるのが現実です。
「相続」が「争族」になってしまうのは、他人事ではないのです。遺産が多いから揉めるのではなく、完全に平等には分けられないのが相続です。誰でも「争族」になる可能性を持っているのです。

もっと身近に「相続」について気軽に相談できる人がいれば、74.9%の人は裁判所に助けを求めなくても良かったかもしれません。 一族・兄弟姉妹で骨肉の争いをしなくても良かったかもしれません。 そんな不幸を未然に防ぎ、「笑顔で相続」を迎えるお手伝いをするのが、『相続診断士』です。 相続診断士が、日頃からお客様と気軽に相続のお話をしていく中で、生前に準備する大切さ等をお伝えします。




公益財団法人暴力団追放沖縄県民会議

http://www.oki-boutsui.or.jp/

暴力団から不当な要求を受けてお困りの方は、迷わずに今すぐご相談を
暴力団に関するすべての相談については、警察ではもちろんのこと、県民会議でも応じており、専門的知識や経験を豊富に有する暴力追放相談委員が対応方針についてアドバイスしています。 暴力団の事でお困りの方は一人で悩まず警察や県民会議にご相談下さい。

受付日時:月~金曜日(祝祭日を除く)9:00~18:15

公益財団法人暴力団追放沖縄県民会議
〒900-0029 沖縄県那覇市旭町7番地サザンプラザ海邦3階
TEL:098-868-0893 FAX:098-869-8930



心療内科デイケア

随時相談受付中!

ひきこもり・長期に渡る離職・軽い認知症など、1人で悩まず、まずは、ご相談くださいませ!

デイケア専用ダイアル:098-943-3565

精神障がい者家族の会「みんなねっと」賛助会員

精神障がい者家族の会「みんなねっと」

リンク先:http://seishinhoken.jp/

一般社団法人 日本健康生活推進協会 会員

一般社団法人 日本健康生活推進協会

健康マスター・エキスパートがいるクリニック

リンク先:https://kenken.or.jp/page/about

ニュース

2019.01.24
お知らせページ「若年性認知症とは?」を掲載しました。
2018.08.16
悩んでる方へページ「院長おすすめDVD」を更新しました。
2018.07.20
悩んでる方へページ「院長おすすめ本院長おすすめDVD」を更新しました。
2018.07.17
デイケアのご案内ページ「ブレスローの7つの健康習慣」を更新しました。
悩んでる方へページ「認知症の初期症状に関する11の質問」を更新しました。
2018.04.16
トップページ「まえはら心療内科の想い」を更新しました。
2018.04.11
悩んでる方へページ「院長おすすめDVD」を更新しました。
2018.04.09
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2018.03.23
お知らせページ「採用情報」更新しました。
2018.01.29
お知らせページ「社会資源の活用」を更新しました。
2018.01.09
お知らせページ「採用情報」・「社会資源の活用」を更新しました。
2017.12.07
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2017.12.06
悩んでる方へページ「専門職スタッフの紹介」を追加しました。
2017.12.05
お知らせページ「社会資源の活用」を更新しました。
2017.12.04
お知らせページ「社会資源の活用」を更新しました。
2017.11.17
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2017.11.14
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2017.11.10
お知らせページ「社会資源の活用」を更新しました。
2017.11.06
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2017.10.18
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2017.10.13
悩んでる方へページ「専門職スタッフの紹介」を追加しました。
2017.10.10
お知らせページを更新しました。
2017.10.04
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2017.09.22
悩んでる方へページ「院長おすすめDVD」を追加しました。
悩んでる方へページ「専門職スタッフの紹介」を追加しました。
2017.09.15
悩んでる方へページ「院長おすすめ本」を更新しました。
2017.09.11
お知らせページ「社会資源の活用」を更新しました。
2016.12.09
まえはら心療内科のホームページを公開しました。

ニュース

TEL
098-943-3516
FAX
098-943-3517
住所
〒901-2215 沖縄県宜野湾市真栄原3-17-2 友愛ビル2F

ニュース

地下1階、EV前、駐車可能